2017/07/22

【Polo Ralph Lauren 】ブラックラピド製法の靴をオールソールする!

先月でしたか?

リーガルのローファー靴のオールソールを記事にしましたが、今回も同じくブラックラピド製法のローファー靴の修理過程を記事にしたいと思います('0')/ハイ!




履き始めにハーフソールをされていたなら、踵修理のみですんだかなぁ~と思いますが、せっかくのオールソールのご依頼ですので、ここはありがたく…


分解っ(~ ̄▽ ̄)~





「(゚ペ)ありゃ?
亀裂入っとるぞ!!
しかも、革クズ固めたオリオン材と違うかΣ( ̄ロ ̄lll)ゲッ!!


ということで、ここはしっかりと革で作り直しとなりました('0')/ハイ!





この修理の場合、作り直したミッドソールの底縫いが必要です('0')/ハイ!




1回目の底縫いから帰ってきて…




アウトソールの底付けを行い、2回目の底縫いに備えて溝掘りして、外注業者に送ります。
(* ̄▽ ̄)ノ~~ マタネー♪

よって、納期も通常のオールソールより1週間程度増えますが…

費用も加算されますのでご覚悟をレ(◣益◢#)ヘ


戻って来たらいつも通りにサクッと仕上げです。┏(<:)ニカッ





レザーオールソール9000円+消費税
※トップリフトは10ミリ厚のVibram#5345を使用

ミッドソール作り直し3000円+消費税

追加ハーフソール1250円+消費税
※Vibram#2342を使用、通常価格の半値です。


これで、ソールに関する不安は無くなりましたので、適宜修理で末永くご愛用くださいませ。
┏○ペコッ

宅配修理受付の詳細について
↑↑↑↑クリック↑↑↑↑



LINE@アカウント開設!!
友だち追加でお得な情報をGET下さいませ(^O^)/


アカウント名:プラスワン神戸西店
LINE@ID:@p1kobenishi

友だち追加数

ブログをPCでご覧の方は、QRコード読み込んで友だち追加して頂けます。

関連記事