2012/01/27

【LOUISVUITTON】リュックのショルダー付根修理

なんとか持たせたい…(-人-)


と、ご自身で少し縫ってみた…







けど…







やっぱり無理だったので直して~(;´@へ@`)アゥ…




ココだけの為に、けっこう分解することになるので…



ええ値段しまっせー(」゚д゚)」




他店さんではどのように修理されるのか知りませんが、私はこんな要領で修理してます(*`・ω・)ゞ






まず、内袋の縫い目を開いて…







鞄の表裏を



ひっくり返しまーす(*`・ω・)ゞ







鞄の底の縫いを半周ほどほどいて…



患部さん、(。・_・。)ノ こんちわぁ







パイピングもほどいて、患部摘出(*`・ω・)ゞ






今回は、大丈夫な方もついでに付け替えるので、取り外します。






パーツ同士が重なるところは厚みを抑えるために漉き加工されてるわけですが…






切れてください!!

と、言わんばかりの┓(゚~゚)┏




新たに付けるパーツの裏にはとても丈夫なナイロンベルト仕込んでいます(*`・ω・)ゞ






サクッと縫い付け完了(*`・ω・)ゞ







この後、バラシとは逆手順で元に戻していくのですが、ほとんど手縫いの作業になります……


作業の準備をしていると、特殊合鍵を作りに来られたお客さまが…



革カバン修理してるの?

余計なところに穴開けられへんから、ミシン使わんと手縫いするの?


一穴一穴……(● >Å<`)ー


ヽ(´Д`ヽ)(/´Д`)/イヤァァァ~






たいへんやな(・∀・)ニヤニヤ





(o・。・o)あっ、

お客さんにおちょくられてる…(^ワ^)







まず、こちらのパイピングを手縫いで元通りに戻します(*`・ω・)ゞ

次の底の縫い付けにも関連してくるので気を抜けません!







完了(*`・ω・)ゞ


休む暇なく底の縫い付けです…







こちらも完了(*`・ω・)ゞ






しっかりとしたヌメ革なので元穴を拾いやすく、のってくると結構なペースで縫えました(⌒-⌒)ニコニコ...






続いて、こちらは内袋の底ですが、これは八方ミシンで速攻縫い付けてやりました(*´∇`*)へ



残るは内袋の側面ですが…






ココも手縫いでいきます(*`・ω・)ゞ






下側…






上側を互い違いにワンスパンづらしながら元穴を追っかけて…







くいっ、くいーと、繰り返し続けていけば…







縫い上がりヽ(・∀・)ノ ヤッター♪ー







修理箇所、白さが目立ちますがヌメ革なんでそのうち日焼けで変色してきますんで、暫しご辛抱を!!


それにしても、かなり目がショボショボしますね゚゚(´O`)°゜゚



ショルダー付根修理→8000円
※修理内容によって価格は変わります。


カバン修理は見た目以上に手間かかりますんで見積もり高くなっても…

なんでそんなに高いんじゃー(♯゜Д゜)ゴルァ!

と、言わんといてください┏○ペコ




ブログをご覧の皆様~(」゚ロ゚)」
お得なクーポンやポイントスタンプもご活用下さい(^^)
↓↓店名クリック!クリック!↓↓

プラスワン神戸西店
関連記事

コメント

非公開コメント