2016/06/29

ジャスト以上ガッツリ未満な踵修理




こういう状態で靴修理に持ち込まれた場合…


減り過ぎた部分を補充して元の高さまで戻し、7ミリ厚のリフトを付ける!!

修理方法と、


減り過ぎた所まで削り込みを行ってから10ミリ厚以上のリフトを付ける!!

修理方法がありますが、補充跡が残らずにスッキリとキレイな仕上がりになる後者の方法で当店は修理を行うようにしています。( ̄Д ̄)ノ

まぁ、靴の形状や状態などで、どうしても補充式の方が修理に適している場合は除きますが…σ(^_^;)

見た目以上に、耐久性の面でも厚めのリフトの方がお客様の財布に優しい…、環境に優しい…

うちの売上にも…

うっ、これ以上は言えないっ…(笑)

そんな、お客様と当店の双方にメリットのある修理方法を提案し続けて約10年…

歳とったから目が見えんぞ~(笑)


ではなくて、常連様の修理持ち込みのタイミングが、

10ミリ厚リフト用になっとるぞ~W(`0`)W





よし!今日もスッキリ、キレイに10ミリ厚リフトで完成じゃ!
o┓⌒┗o⌒o┓ヒャッホーゥ♪


10ミリ厚タフZリフト交換1800円+消費税
※7ミリ厚は1500円+消費税


厚み違いの参考写真を上げておきますので、初めて様も適度な頃合いの減り過ぎ踵でご来店くださいませm(__)m





宅配修理受付の詳細について
↑↑↑↑クリック↑↑↑↑



LINE@アカウント開設!!
友だち追加でお得な情報をGET下さいませ(^O^)/


アカウント名:プラスワン神戸西店
LINE@ID:@p1kobenishi

友だち追加数

ブログをPCでご覧の方は、QRコード読み込んで友だち追加して頂けます。